Catch As Catch Canとは?

Catch As Catch Can(キャッチ・アズ・キャッチ・キャン)は、フリースタイルレスリング(アマチュアレスリング)の原点であり、プロレスリングのプロレスの源流でありキャッチレスリングとも呼ばれる。riley

また、Catch As Catch Canはランカシャースタイルとも呼ばれ、イギリスのランカシャー地方で生まれたビリーライレージムが有名だ。関節技、絞め技を主軸とした古代レスリングを中心とした蛇の穴である。

riley2

関節技と絞め技を両方を総称してサブミッションと呼び、組技格闘技の何でもありの一本を獲るか獲られるかのレスリングスタイルであり、後に日本のプロレス界を支えるカール・ゴッチやビル・ロビンソンなどのビリーライレージム出身者がUWFを中心とした日本のレスラー達の指導にあたった。

billy1gocci

UWFブームはCatch As Catch Can無くしては語れないのである。