ダブルバウトルール

【ダブルバウトルール】

①試合は10決勝戦と3位決定戦は15

②3本勝負で勝敗を喫する。先に2本先取したチームが勝ち。

時間内に決着が付かなかった場合はジャンケン。※2人勝ち抜き

1本取られたものは速やかにパートナーとチェンジ。

2本目より戦う選手は(ロープがある場合、無しの場合もあり)を取るか取られるかしない場合はタッチプレーは認められない。

タッチされた選手がリング内に入り、相手とコンタクトを取るまで相手から離れなくてもOKだが、コンタクトしたら速やかに離れる。コンタクトは30秒以内に行う事。

タッチプレー無制限。(高大学生一般のロープエスケープは6M四方のリングのみ採用、小中学生&女性は四方無制限)

⑧タッチプレーは自軍のコーナーから決められた範囲(コーナーのみ、ロープ一面、二面、大会都度変わる場合あり)で手が届く範囲で可能。プレイ中の選手は足でのタッチが可能。

体重制限あり、年齢制限ありの場合と無の場合あり、大会毎に発表される。
A
35歳以下Y(ヤング)トーナメント B35歳以上H(ホープ)トーナメント CY/H(ヤングホープ)トーナメント

パートナーと二人合わせて140kg未満制限
体重制限がある場合、体重オーバーのチームは減点1スタート
当日計量で規定重量より重い場合(3キロまでOK、それ以上は失格)は、1R終了後、双方にポイント差が無い場合は体重超過のチームが判定負けとなります。

反則

全ての打撃。

小・中学生または女子に対する投げ技。バスターも。

小・中学生または女子に対するヒール&アンクルホールド。

粘膜部分に対する攻撃。目・鼻・口・耳・肛門。

バスターや後頭部から落とすスープレックスは全面禁止。

その他

ファールカップすること。なるべく

試合着は金具の付いてない上下ウェア~

20202月更新】

20151月制定】

我々はUWFのベースであるランカシャーレスリング(キャッチレスリング)を現代に残す為、Catch As Catch Canの精神を持ったグラップラーを育成する大会を推進して参ります。JGA主催G-FIGHTシリーズ☆